s

  • 劔・黒部・薬師, 北アルプス

  • 更新日 2022/ 06/ 13

  • 早月小屋

  • ハヤツキゴヤ / hayatukigoya

  • 営業期間:2022年7月16日~10月10日(宿泊は8日まで)
  • 収容人数:50 名様
  •  
  • 一泊料金:素泊まり 8,500円
  • / 2食付き 12,500円
  • チェックイン 15時まで
  • チェックアウト 6時
  • 営業小屋・テント場

早月尾根は山だけでは無く花も楽しめる尾根です。

剣岳周辺でももっとも高山植物が豊富な尾根です。

花の数は少ないですが花の種類はものすごく多い所です。

皆さん登山する際はあっちこっちに咲いて皆さんを出迎えてくれます。

 

小屋からは富山平野、日本海が一望出来ます。

良く晴れた日は富山平野の夜景も非常に綺麗です。

丸山からのロケーションはすごく素晴らしいですよ。

360度天望が開けていて見渡す限りすべての山が一望出来ます。

(毛勝三山、赤谷山、小窓尾根、剱尾根、剱岳、御前山、室堂の越、大日三山等々)

もう一つ大きな魅力は馬場島から剣岳まで一直線に繋がっている所(尾根)です。


R4年7月16日~R4年10月10日 まで(最終泊まりは8日まで)

 しかし雪の状態によっては小屋閉め早まる事も有ります。

年末年始、ゴールデンワィーク は営業致しませんのでご了承下さいm(_ _)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本年度も新型コロナに伴い、完全予約制にして営業を致します。

皆様変更等御座いましたらお早めにご連絡お願いします。


キャンセル料について

1週間前から~宿泊3日まで2,000円 

3日から前日まで3,000円当日は50%頂きます、

無断の場合は100%かかります。

 

ご予約は電話、e-mailにてお受けいたしますがシーズン中は必ずお電話を下さい、宜しくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

チェックインは3時までに来て頂きたいのですが、遅くなる場合はご連絡くだいさい。

消灯時間が8時です状況によって前後します。

チェックアウトは6時です。

 

Infectious disease countermeasures

感染症対策への取り組み
  • マスクの着用にご協力ください
  • 消毒液のご使用にご協力ください
  • 検温にご協力ください
  • ソーシャルディスタンスにご協力ください
  • 館内換気を行っています
  • スタッフの手洗い、うがい、マスクの着用
  • 施設内消毒清掃の実施
  • パーテーションの使用

感染拡大防止の為、手指消毒用アルコール消毒・マスク・インナーシーツ等お持ち下さい。

又小屋内は食事以外は必ずマスク着用お願いします。

ご不便をお掛けしますがご自分も感染予防し、他の人へも感染させない為にもご協力お願いします。

Fee

料金
        
ご利用料金(税込)
1泊2食付き ¥12,500
1泊夕食付き ¥11,500
1泊朝食付き ¥10,500
素泊まり ¥8,500
お弁当 ¥1,500

 

  

Tent

テント
  • 張数:30 張
  • 一泊料金:1,000円
  •  
  • 水場:なし
  • トイレ:あり
  •  

テントについては事前にご予約受付しておりません、当日の受付になります。

テントのお客様も新型コロナ感染予防しっかりお願い致します

手指消毒用アルコールやマスクを必ずお持ち下さい。

ご不便お掛けしますが宜しくお願い致します。
 

 

トイレは無料ですが綺麗に使ってくださいね。

Access

アクセス
  • 標高  2,200 ml
  • アクセス  

    早月尾根の中腹。登山口の馬場島からは1500mも登った場所にある。

Basic information

基本情報
  • 電波 ドコモ: △ Au: × SoftBank: ×
  • チェックイン 15時まで
  • チェックアウト 6時
  • 収容人数  50 名

Photo gallery

フォトギャラリー

Information

ご案内

【 売店 】
水2L          1,300円(早月尾根は水場が無く、ミネラルウォーターをへりであげております)
水500ml           600円
ビール350ml          700円
カップヌードル 類     600円

Staff introduction

スタッフ紹介
小屋主人:佐伯 謙一  さん
小屋主人:佐伯 謙一 さん 

昭和46年「伝蔵小屋」として、父佐伯伝蔵により開設されましたが、伝蔵亡き後も「早月小屋」として(株)坂井組様の篤志により運営され、登山者の皆様に親しまれてまいりました。

そしてこの度、伝蔵長男の私が、三十余年に渡り勤めた富山県警山岳警備隊退官を機に、(株)坂井組様のご厚情によりこの小屋を受け継ぐことと相成りました。私には長い警備隊員としての山の経験があると自負いたしておりますが、何分にも山小屋の親爺としては駆け出しでございます。皆々様にはこの新しい「早月小屋」に倍旧のご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。

クチコミの投稿には ログイン と プロフィールの登録 が必要です

クチコミ投稿の「利用規約」をご了承のうえ、ご利用ください。