s

  • 奥多摩, 奥多摩

  • 更新日 2022/ 01/ 01

  • 七ツ石小屋

  • ナナツイシゴヤ / nanatuishigoya

  • 営業期間:通年
  • 収容人数:6 名様
  •  
  • 一泊料金:素泊まり 4,000円
  • 営業小屋・テント場

七ツ石小屋は雲取山・鴨沢ルート中腹の標高1597mにある小さな山小屋です。

日帰りする方も、雲取山荘に泊まる方も休んでいってくださいね。

晴れていれば富士山がよく見えます。

三頭山、大岳山などの奥多摩の山々だけでなく、丹沢・箱根の山々も見ることができます。

 

昔ながらの小さな自炊小屋の夜、少人数でゆっくり団欒、

ご自分の食料と調理道具をご持参いただき

山ごはん作りを楽しんでください。

動画で『七ツ石小屋 施設のご案内【雲取山】【七ツ石山】【鴨沢ルート】』をご覧ください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

素泊り 一名・一泊 4,000円 6名限定 予約必須

  • 自炊小屋です。食事の提供はできません。
  • 食材と、調理に必要な道具(コッヘル・バーナー等)はご自分でお持ちください。
  • 火器の持参ができない方は予約時にご相談ください。
  • 流し台から給水可能です。冬季の止水時も小屋泊の方には汲み置きの水をお分けします。
  • ご注意・ルールを確認の上、お気をつけてお越しください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ご予約のお電話は

  • 前日15時までにご予約ください。
  • キャンセルも前日15時までに必ずご連絡ください。
    キャンセル料はいただきませんが、連絡時間・状況・理由によっては今後のご利用をお断りする場合もあります。
  • 人数が減った場合も分かった時点でご連絡ください。
    空いた枠は、緊急宿泊する方が使う可能性があります。
  • 一ヶ月以上先のご予約は承れません。
  • 現地の状況によっては電話がかかりにくいことがあります。お手数ですが何度かおかけ直しください。
  • メール、SNSのメッセージ等では予約できません。
    耳の聞こえない方は大変申し訳ありませんが身近な方に電話をお願いしてください。

 

電話番号 090−8815−1597

受付時間 9時〜15時

お電話口では  ・ご氏名
                    ・人数
                    ・入山口
                    ・到着予想時間
                    ・連絡先
(場合により緊急連絡先も)をお伺いします。

 


 

 ■ 無理のない計画でお越しください

  • 雲取山の鴨沢ルートは
    山梨県 山のグレーディング」で
    技術的難易度(A〜Eの5段階中):B(登山経験が必要)
    体力度(1〜10の10段階):5(中級)
    と評価されています。

    登山が初めての方やブランクのある方には厳しい山であるということをご理解ください。
  • 近年、鴨沢ルートで滑落遭難が多発し死亡者も出ています。
    原因は、体力不足による過度の疲労と、日帰り計画での焦燥と考えられます。

    雲取山に初めて登る場合は、七ツ石小屋か雲取山荘を利用した一泊二日以上の計画をおすすめします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

山でのテント泊はキャンプ場とは違います

  • テントやシュラフ、調理道具などの貸し出しはありません。

 

■ 写真・映像撮影を目的として来られる方へ

  • 小屋敷地内での動画撮影でお客様同士のトラブルが起きています。
  • ネット中継やドローン撮影などは、事前に小屋番に許可を得てください。
  • 夜間の写真撮影についてはご予約時にご相談ください。
    場合によっては小屋泊ではなくテント泊をお願いしたり、テントを張る場所を指定させていただくこともあります。

 

■ ナイトハイクを計画している方へ

  • この山域のナイトハイクには、転滑落・クマやイノシシとの遭遇・発見救助の遅れ等の多大なリスクが伴います。
    よく考慮の上、自己責任で行ってください。
  • 小屋泊のお客様は20:00就寝で翌日の登山に備えています。
    夜間(20:00〜夜明け)の小屋敷地内への立ち入りはご遠慮ください
    (非常時・緊急時は関係者用扉をノックしてください)。

 

■ 山小屋についてご理解ください

  • 電気・上下水道・物流・ゴミ収集などのインフラは無く、
    ソーラー発電・天然湧水・バイオトイレ・人力での歩荷・荷下ろしで賄っています。
    そのため以下の点にご理解ご協力をお願いします。
  • 携帯電話の充電はできません(緊急時は応相談) 
  • 洗剤は使えません
  • 食べ残しはお持ち帰りください 
  • 販売品の容器を含め、ゴミはすべてお持ち帰りください
  • 少ないスタッフで営業しています。
    歩荷などで昼間の数時間不在にする場合があります。
    非常時には通常通りのサービスが提供できない場合もあります。

 

Infectious disease countermeasures

感染症対策への取り組み
  • マスクの着用にご協力ください
  • 消毒液のご使用にご協力ください
  • ソーシャルディスタンスにご協力ください
  • 館内換気を行っています
  • スタッフの手洗い、うがい、マスクの着用
  • 施設内消毒清掃の実施

 

  • 寝室の各スペースについたてとカーテンを設置しました(完全な個室ではありません)。
  • お布団にかける使い捨ての不織布カバーセットを300円で販売します。使用後はお持ち帰りください。
  • 不織布カバーの代わりに、インナーシーツやシュラフなどをご持参いただけると助かります。
  • 小屋に入るときはマスク着用・手指消毒をお願いします。

Fee

料金
        
ご利用料金
素泊まり ¥4,000

休憩・飲食
  • 休憩は屋外のベンチをご利用ください(夜明け〜14:00)。
  • 小屋内での休憩はできません(小屋泊の方はOK)。
  • バイオトイレがあります。ご利用の際には協力金をお願いします。
  • 天然湧水を引水しています。どなたでも無料で給水できます。

 

■ 冷たい飲み物

  • コーラ、サイダー、アクエリアスなど 400円
  • 缶ビール 350ml缶 600円

 

■ 温かい飲み物

  • コーヒー、お汁粉、甘酒、はちみつ紅茶、チャイ 各 200円
  • 紙コップ・お湯   ➕100円

 

■ 軽食

  • カップヌードル   400円
  • カレーメシ     500円
  • お湯       ➕100円

  ※ お湯のみの販売はしていません。小屋の販売品をご利用ください。

 

■ 行動食

  • ポテトチップス   100円
  • 柿の種       100円
  • SOYJOY      200円
  • カロリーメイト   400円
  • ウィダーインゼリー 400円

 

ワイン・日本酒

  • ワイン (山梨県笛吹市 プティモンテリア 赤・白) 300ml缶 700円
  • 日本酒 ふなぐち菊水 600円

     ※ ワインと日本酒は宿泊される方のみに販売します。

 

【 お願い 】
 七ツ石小屋は歩荷小屋です。

 販売品の空き缶、ペットボトル、包装を含め全てのごみのお持ち帰りにご協力ください。

Tent

テント
  • 張数:20 張
  • 一泊料金:1,000円
  •  
  • 水場:あり
  • トイレ:あり
  •  

  • 一名・一泊 1000円 20名限定 要予約
    ※2022年1月1日から一名・一泊 1000円に改定されます。
    詳しくはこちらをご覧ください。
  • 基本的には予約制ですが、奥秩父主脈縦走中のご利用で到着日が不確定な方は、一度お電話でご相談ください。

 

  • テント場と休憩所を兼ねた狭いスペースです。
    週末など混雑する日は、休憩の方が少なくなる13時頃以降の設営となります(当日、小屋番が指示します)

 

  • ピストン山行時にはテントをたたんでお出かけください。
  • デポ場所は小屋番が指示しますが、盗難などトラブルの責任は負えませんのであらかじめご了承ください。
  • 流し台から給水可能です。冬季の止水時は徒歩3分上の湧水地に汲みに行ってください。
  • トイレは広場奥の階段を登ったところにあります。ご使用の際は協力金をお願いいたします。

 

Access

アクセス
  • 標高  1,597 ml
  • アクセス  
     
    1. 七ツ石小屋泊 鴨沢~雲取山往復

    七ツ石小屋ご利用の方の7割近くがこのコースです。

    一日目は、鴨沢から七ツ石小屋まで。早めに着いてのんびり。
    二日目の朝、重い荷物を小屋に預けて(テント場にデポして)、アタックザックなどで七ツ石山・雲取山を往復。
    お昼ごろ小屋に帰ってきてパッキングし直して下山。
    体力的にいちばん楽なコースです。

     

    2. 七ツ石小屋泊 鴨沢〜七ツ石山〜石尾根縦走路で奥多摩駅

    鴨沢ルートより人が少なく、静かで広々としたコースです。

    一日目は、鴨沢から七ツ石小屋まで。早めにプシュっとするのも良し。
    二日目の朝、七ツ石山から石尾根縦走路を東へ。千本ツツジ・高丸山・日陰名栗山・鷹ノ巣山・六ツ石山……と、尾根道・巻道をお好みで選びながら長い道をゆっくりと奥多摩駅まで。

    ※石尾根の途中から奥多摩湖方面に降りるいくつかの支尾根は、道が荒れていたり迷いやすかったりします。石尾根歩きが初めての方は、距離が長くても奥多摩駅まで行くことをおすすめします。

     

    3. 雲取山荘泊 鴨沢〜雲取山〜三峰神社

    ちょっと健脚向け。雲取山の南面・北面を味わうコースです。

    一日目、鴨沢を早めに出発。七ツ石山・雲取山を越え、雲取山荘へ。
    二日目の朝、三峰ルートを下山。鴨沢ルートとは少し違う植生や、「三峰」と呼ばれる白岩山・霧藻ヶ峰・妙法ヶ岳のアップダウンが楽しめます。
    最後、三峰神社でパワーをいただいて帰りましょう。

    ※翌日、三峰ルートを降りるよりも、再び雲取山を越え鴨沢に戻るほうが体力的には楽です。雲取山荘でご自分の体調と相談を。
    ※冬季の三峰ルートは積雪が非常に多いです。最新の状況を調べた上で計画し、山荘スタッフの方の注意に従ってください。

     

Basic information

基本情報
  • 電波 ドコモ: ◯ Au: ◯ SoftBank: ×
  • 収容人数  6 名

Photo gallery

フォトギャラリー

Information

ご案内

七ツ石小屋オンラインショップ 開設中です

今年の登山は難しいとお考えの方や小屋でお目当てのグッズが入手できなかった方など
こちらからどうぞ。

 

七ツ石小屋 Twitter@nanatsuishigoya

最近の気温・積雪などの確認にご利用ください。
クリックすればTwitterを使っていない方でもご覧になれます。

 

山小屋の様子やお知らせを小屋番ブログに載せています。

Staff introduction

スタッフ紹介
小屋番:藤本尭さん・藤本多美子さん
小屋番:藤本尭さん・藤本多美子さん 

2016年4月から私たち夫婦と助っ人の皆さんで小屋番をしています。

ボーッとした私たちですが、多くの方の知恵と力をお借りして、なんとか継続しています。

雲取山は何度登っても良い山です。 奥多摩方面へのルートもたくさんあります。

ぜひ七ツ石小屋でゆっくりお泊まりいただき、またこの山域に来たい、何度も通いたい、と思っていただけたら幸いです。

クチコミの投稿には ログイン と プロフィールの登録 が必要です

クチコミ投稿の「利用規約」をご了承のうえ、ご利用ください。